ある昼下がりの出来事 スーパーガール

今晩は、店主の石原で御座います。仕入れ先の一つに、下北沢の「スーパーオオゼキ」さん、活気のあるスーパーとは、この事ですね。エントランスの特売コーナー、二階の精肉の第一コーナー、どんぐり豚ちゃんは、少しお高めですが、味は、抜群。→鮮魚の第二コーナー、羽田市場となる、全国から今朝上がった鮮魚が並びます。「ぎょ!ぎょ!ぎょ!」と、八十センチクラス金目鯛¥9800也、見ているだけで興奮してきます。バックストレートに入りまして、美登利寿司テイクアウトコーナー、美味しそうですが、ここも、一通り見るだけーー。一階に降りまして、青果コーナーに関しましては、変わりネタもあり、シビレるラインナップ!フルーツも豊富。飲食店の方々も世田谷、渋谷、杉並、から買い出しに来ているもよう。カゴを持ってすれ違いざまに「おつかれっす!」「久しぶり!どう?元気?」などなど、近況報告をする事も、但し、難点も、こ・み・す・ぎ・です。週末でポイント5倍となれば、レジまで二十名以上。。そこで更に、シビレるのが、私が任命している「スーパーマッハ・レジガール」の皆さん。この手にかかると、早い早い、ガンガンと横の列を横目に追い抜きにかかります。時に、バーコードが通らない商品があると、左手でピアノの旋律を奏でるかの様にレジパネルに13桁の数字を打ち込みます。パチ、パチ、エンター!「オトクヨウコンニャク」御名答!お見事でございます。。私は、左手に小銭を用意し、端数分から精算する「おばちゃん出し」を採用しております。まだ、「スーパーオオゼキ」下北沢店を体感されていない貴方様には、是非一度、お立ち寄り頂き御感想聞かせて頂けたらと思います。足を運ぶ価値は、充分にございます。f:id:bardragonfruit2002:20180204021022j:image