ある夜の出来事 そして僕は途方に暮れる

今晩は、店主の石原で御座います。時に、バーは、別れ話のもつれから、何とか修復出来ないかと思う気持ちで、御来店頂く事もあります。。その夜、二十三時を回った頃、ボックス席に、着席するなり「ねえー、お願いだから!私の大切なお客様に、二度とあんな事しないで!!」と、少しキレ気味。何だ?何だ?何やったんだ?と気になりますが、聞こえないふり‥‥。彼女は、私に向かって、ニコッと笑顔で、「えーと、アマレットジンジャーと烏龍茶、お願いしまーす。」「かしこまりました。」彼氏の方は、膝に手を当てて、がっくりと、うなだれたまま、ひたすら彼女の小言を下を向きながら、小さく、小さく、うなずく‥‥。どうだろう‥一時間ぐらい経っただろうか、、「私、もう、帰る!」と、彼女が立ち上がった‥‥。彼氏は、ゆっくり顔を上げて私を見ます‥‥。「あのー、すみません、お会計、お願いします、、、。」と、弱々しい声。あちゃーぁ、かける言葉もない。「かしこまりました。」と、お会計を済ませ、お見送り。駅に向かう二人の距離は、開いたままだ、、。そうだなぁ〜‥私は、かれこれ、何千組のカップルを見てきましたが、厳しいだろうなぁー。そう、私が、思うに恋愛とは、良かれと思った事が、裏目にでる。つまり、自分が、どう思うのではなく、相手が、どう受け止めるかによって、全ての物語は変わる。f:id:bardragonfruit2002:20180516214647j:image