ある夜の出来事 夜を這う(上)

今晩は、店主の石原で御座います。御来店頂いている。小説家の奥様、洋子(仮)さん、先生が、夜から明け方にかけて執筆活動をされている間、邪魔にならない様にと外出します。洋子さんは、「別にねー、私はねぇー、お酒が、好きな訳じゃないのよ〜、夜中、安心して出掛けられるのは、バーしかないでしょう〜。ふぅーーー。」と、煙草に火をつけて一服です。二、三軒ハシゴをすると、口癖のように私に語ります。「それは、それは、毎度ありがとうございます。」更に、お客様が、誰もいないとなると「あら、これは、大変!売り上げに貢献しないとねぇー、ねぇー、石原くん!」「はい、毎度、ありがとうございます。」と、私はカウンターに、おでこを「ゴツッ」と、つけての最敬礼。ただ、洋子さんは、どんなに楽しい状況になっても必ず、深夜二時には、御帰宅です。それは、先生が、深夜三時ぴったりに、昼食のお時間なのです。一分でも遅れる事は、絶対にないそうです。食後、先生が明け方まで、執筆活動となる生活が、年の三百六十日ほど続くライフスタイルようだ。「いやぁ〜洋子さん、これも、ひとつの夫婦の愛のかたちですねぇ〜」と、「何、言ってんのよ、石原くん!じゃーねぇ、今度、お父さん連れて来るから!」と、以前から、先生は、お酒を召し上がらないし、散歩も好きではないと聞いていたので、まぁー御来店頂く事は無いだろう。。これが、何と、後日、先生と御一緒に御来店頂いた。「えーーー、どーも、どーも、先生、お忙しい中、始めまして洋子さんには、何時もお世話になっております」と、最敬礼。何と、先生は、ネクタイ着用しての御来店。「ここの、店の話は、妻から聞いてるよ。」と「それは、恐縮でございます。」デュポンのライターを「シャリーン」と、いい音色を立てて一服です。滞在時間、わずか、十分。これから、自宅に戻られ執筆活動されるという。実は、これがですよ、、、最初で最後の先生との会話になってしまいました。この続きは、またの機会に、、今夜も御来店頂き、誠に、ありがとうございました。f:id:bardragonfruit2002:20180708014540j:image