ある夜の出来事 パラシュートが落ちた夏(後)

今晩は、店主の石原で御座います。前回からの続きになります。更に、さかのぼる事、五年程前の夏の夕暮れ時、当店のお隣は、煙草の自販機が設置されております。私は、腰を曲げながらホウキとチリトリを使って、入口付近の掃除をしていると、「シャン♫シャン♫シャン♫」と、音漏れしたイヤホンをしながらコインローファーを「カツ!カッツ!」音を立てながら私の目の前を、(おっさん、邪魔!)ぐらいの勢いで、通過。セーラー服を着た、ど金髪の女子高生が、全くの迷いもなく、自販機に百円玉を「チャリン、チャリン、チャリン」と入れて、〝マルボロ〟を「パッン!」と、押します。「コトン。」と落ちた煙草を取り出し、鞄にしまいます。私は、呆然と立ち尽くしたまま。。「あのぅ〜、、お嬢さん、煙草は、まだ、だめですよぅ、、、。」と、言う、勇気もなく‥‥。毎回、見て見ぬ振り。。あれから五年、時は、流れ当店にご来店頂いたという事です。その後も何度か御来店頂き、当時の話をさせて頂いた。「えーー、バレてましたーー!」と、笑顔。「そりぁ〜、目立つよーー、制服は、さぁ、、、。」と、私も笑顔でお返し。その後も数年、御来店頂いたが、現在は、海外での生活を送っています。人生には、色々な事が起こりますが、何も変わらないもの、、、それは、貴方様の歩き方かもしれません。f:id:bardragonfruit2002:20180817195859j:image