ある夜の出来事 憧れのスレンダーガール

今晩は、店主の石原で御座います。ちょいちょい、御来店頂く女性のお客様、、御名前を伺う事もない程の距離感でございます。ここだけの話ですよ、毎回、お連れの男性が違うのです。うーん、何だ?何だ?モテるなぁ、、雰囲気的に初デートのよう。私との会話は、オーダー時と会計の時のみ。数年後、初めて、お一人様で御来店頂いた。これまた、何だ?何だ?と思いますが、彼女から、語って頂きました。「マスターね、実はね、過去に、連れて来た男性は、全て、婚活サイトで知り合った男なの、、」「あらー、なるほどー、謎が解けましたよー」更に、彼女の気持ちを引き出します。何となく、食事の後に、もう一杯となった時、お邪魔させて頂いたと、説明を受ける「なるほど〜それは、ありがとうございます。」彼女は、お酒も好きではないし、結局、男が、何を考えているのかわからないと言う。。あちゃー、、参ったなぁ。。彼女が、うつぶせになり、うとうとしながら「ねぇー、マスター、結婚って何だろねぇ……。」と、カシスーダ、一杯で150キロの直球な質問。「いやいや、、そうだなぁ、、、、」答えに困る。。こんな時は、私は、「男と女っつうのはねー、七十歳になっても好き過ぎて、結婚するカップルもいればよ、七十歳になっても、もーう、耐えられないと離婚する夫婦もいるぐらいだ。つまりよ、男と女は、それぐらい、わからないって事よ、ねぇ。」と、たたみ込むも、「うーん?」と、首を傾げて、ま・っ・た・く・御納得、頂けない御様子。。そこで、酸いも甘いも嚼み分けてきた貴方様なら、どうお答えしますかねー。ベストアンサーがあれば、是非、教えて頂きたく存じます。「えっ!、他人様の恋愛を心配してる場合じゃない!」と、確かに、、。その気持ちもよくわかります。いゃー、それでは、今夜もまだ見ぬ、貴方様の人生のパートナーに想いを馳せて乾杯しましょうか?御来店、こ・こ・ろ・よりお待ち申し上げております。f:id:bardragonfruit2002:20180828231718j:image