ある夜の出来事 CRAZY FOR YOU

今晩は、店主の石原で御座います。その夜も必ず出来上がった状態で、御来店頂けるアパレル会社の営業マン、その名も植木さん(仮)、長年の付き合いだが、素面の状態を見た事がない。「どーもー、こんばんはーーー、福山雅治でーーーす。違うか!?いゃぁ〜ねぇ〜、マスター、ねぇ、ハイボール、一つね、ウィスキー、ダイスキーー。ガハハハハーーーー。」と、今夜も絶好調だ。とにかく、会話の全てを不発弾ギャグとダジャレで絡めてくる。いゃぁー、お隣の席の貴方様は、適当に無視して頂ければ結構ですが!私は、そーいーう訳にはいかない。「出ました!」とか「参りました!」とか「座布団、一枚!」とか「もーーいーよー。」と、作り笑顔の拷問となりますが、ただ、一つだけですよ、一つだけ、感服するのは、例えば、貴方様の出身地と年代から、同世代のプロ野球選手をバンバン上げて、名勝負をサラサラ語る事が出来るのです。勿論、プロ野球に御興味が無いと、ダメですが、、。プロ野球に詳しくない私でも、うなずくぐらいだ。この知識が、接待の席で、お客様との距離をグッと縮めるのだろうと私は思う。そんな植木さんも最近、パッタリ御来店頂けていない。それは、それで、少し寂しいので、こうやって、ペンを走らせるのかもしれない。ぶかぶかのスーツに、煙草は、バージニアスリム、キャバクラも好きだし、〆のラーメンも欠かさない。平成も間もなく終わるというのに、昭和の薫りが、プンプンの植木さん、多分、もう今後、現れない伝説の営業マンかもしれません。f:id:bardragonfruit2002:20181005010006j:image