ある夜の出来事 乾杯をもっとおいしく。

今晩は、店主の石原で御座います。オーブン以来、使い続けてきた初代、生ビールサーバーが、引退となり二代目のサーバーとなった。襲名披露当日、私がカウンターの中で見守る中、業者二名が、粛々と初代サーバーの解体が進められ、二代目サーバーのセッティングされるその間、わずか十五分。カウンター右端に、新たに、ゴールドに輝く真鍮のタワーがそびえ立つ。初代と同じ型番だが、全く別物に感じる…。更に、す・べ・て・において最新型になった。コックを倒せば生ビールが「すぅーーーー。」と、出てくるのだが、車に例えると重ステからパワステに変わったぐらいの滑らかさだ。注ぎながら思う(やっぱり、新しいと気持ちがいいもんだ…)。サーバー業者が「これで、設置完了です…。ここにサインをお願いします。」と、伝票に指を指す。サインを終えて、ふと、目を上げると、無造作に台車に乗せられた〝初代サーバー〟長年からなる経年劣化が否めない…。業者さんと雑談ののち、「ガラガラガラ」と台車を押しながら立ち去る初代…。ここに来て急に、切なさが込み上げてくる。そりぁそうだ…本当に長い付き合いだからなぁ…。(今まで、ありがとう。貴方が居てのドラフルですから…お疲れ様でした。)実は、引退の夜、最後の渾身の一杯は貴方様でした。「ごちそーさまーー。」「毎度、ありがとうございます。」と、まぁ、日常のドラフルの風景、それでいい、それでね。ではでは、今夜から二代目からの生ビールの御提供となります。グラスもピルスナーからタンブラーに一新です!それでは、今夜も結局飲んでる黒ラベル、貴方様の御来店、こ・こ・ろ・よりお待ち申し上げております。ちなみにですよ、初代サーバーが、御提供させて頂いたビールの杯数。約…、五万三千七百六十杯。f:id:bardragonfruit2002:20181012015534j:image