ある夜の出来事 パラシュートが落ちた夏(前)

今晩は、店主の石原で御座居ます。バーの楽しみ方は、人それぞれだが、その夜、女性が、お初の御来店、、大きめな鞄をカウンターの椅子に「ドン!」と、置いての隣に、着席です。「ガサ‥ガサ‥」と鞄に手を入れて煙草とスマホを取り出します。繋がっていたイヤホンは、鞄にしまい込みながら「え〜と、マリブコークをお願いしまーす。」「かしこまりました。」と、私は、作業に入ります。女性は、マルボロライトに火を点けて一服です。「ふぅーー。。」ひたすら、スマホとにらめっこ。「お待たせ致しました。」「ありがとうございまーす。」と、下を向いたまま、スマホを見続けます。話しかける雰囲気でもないので、バックバーにもたれながら、お客様の様子を伺います。(うーん、待てよ‥、何処かで、会った事が、あるような、、何処だ?いゃぁ‥‥どこだ‥‥思い出せない。)自分で、言うのもなんだが、結構、人の出会いは、覚えている方なのですが、、気のせいか‥。自分に言い聞かせる。。二杯を飲み終わる頃、スマホチェックが済んだようだ。伸びをしながら、「お会計、お願いしま〜す。」と、鞄から財布とイヤホンを取り出します。与太話は、ゼロでのお見送り、「どーもー、ありがとうございました〜」と、お見送りで、思い出した!(あーーー!あ・の・と・き・の女子高生だ・・・。)と、これがまた、あちゃー、残念ながら閉店のお時間となってしまいました。この続きは、次回という事で、今夜も御来店、誠にありがとう御座いました。f:id:bardragonfruit2002:20180811203725j:image