ある夜の出来事 うに丼

今晩は、店主の石原で御座います。その夜、二十代前半のカップルが当店の前で迷っていましたが、彼女が彼氏に(入って!入って!)と、背中を押されながら彼氏の方から先に「チリーーン」と御来店。「いらっしゃいませ!どうぞー、お好きな席へ‥」と、こちらも笑顔で手招き、おしぼりとメニューをそれぞれにお渡ししてオーダーを待ちますが、か・な・り・落ち着きがない。「パラパラ」と、メニューをめくる音だけが店内に響きます。私は、「もしー、わかんない事あったら遠慮なく聞いて下さいねぇ〜」と軽めのお声掛け。後に、沈黙を破ったのは彼女の第一声「あの〜ぅ、うに丼、ありますか?」私「うに丼!?あーーー、それは、お隣の※〝青〟さんですねぇ〜」彼氏は、下を向いたまま彼女に目配せをして、おしぼり使ったし‥今日はここにしよう、的な顔をしてます。「いやいや!全く、お気遣いなくと、ご案内しますよ」と、店外へ、あーそうだ、今日は、定休日。うーん、私は彼女に「今日は、う・に・モードだよねぇ!」「ハイ!」と、即答。そうだよなぁと、うにが、ありそうな近所の居酒屋を二、三軒紹介しました。無事にうに丼にたどり着いたかは、定かではございませんが、見送りながら腰に手を当てて、天を仰いだ夜の出来事でした。※青、2002年(当店と同期)より、代々木上原で超人気店の和食居酒屋、月替りに変わるメニューは、季節感溢れる構成、日本酒、焼酎とも、こだわりのラインナップです。もちろん、うにいくら丼は、人気メニューのひとつです。私も、〆に頂いた事がございます。f:id:bardragonfruit2002:20180329030305j:image