ある夜の出来事 君は薔薇より美しい

今晩は、店主の石原で御座います。その夜、カウンターの椅子にもたれながら、両手を頭に乗せて、一杯呑んでいる彼の携帯電話に、彼女からの着信「今、タクシーに乗ったから‥‥。」と、彼は「?」後に、一分も経たないうちに、店の前に、「チッカ、チッカ、チッカ」と、ハザードを点けたタクシーが止まります。ん?彼は、立ち上がり彼女が、乗車しているのを確認します。「えー?何だよ、お前、どっから乗って来たんだよ?」「代々木上原」「はぁ?」どうやら、突然の激しい雨風の為の選択だったようだ。「だったら、コンビニで傘、買って来ればいいだろよーー」と、彼女に詰め寄ります。ダメダメ!そう、綺麗に巻かれた彼女の髪型は、美容室の帰り道、最高の状態で、彼に、逢いたかったのです。なるほどねーー「いやぁ〜マジで、佐々木希かと思いましたよ‥‥ホントに、ホントだって、」私も調子いい事を言って、御着席頂きます。「あのねー、マスターね、金、払うのは俺だよ‥‥。」と、傘もささないで、タクシーの助手席の窓から体を入れて支払う、彼の後ろ姿は、雨に濡れている‥‥。f:id:bardragonfruit2002:20180506023940j:image