ある夜の出来事 理由なき反抗

今晩は、店主の石原で御座います。その夜、若者が、御来店、着席するなり、「あのー、バーとか、あんまり来た事ないもんでぇ、なんか、お勧めでお願いします!」と、(う‥ん。名古屋弁だなぁ‥‥。)多少のコミュニケーションからパンペロ(ベネズエララム酒)をロックで勧めてみた。煙草に火をつけて、一服した時に「もしかして、名古屋出身ですか?」「いえ、岐阜ですけど、何で、わかった?」と、「そりぁわかるよ。俺が、名古屋だでよぅ。」と、「イェーイ!」と、握手。お互いの距離が、グッと、近くなった。その名もジミー(仮)、六本木にある超人気イタリアレストランのシェフに惚れ込んで、岐阜から単身、上京してきた。同世代から出遅れてるとの意識かあるらしく、朝十時から深夜零時まで、必死に働く。そんな彼を支えるのが、この愛車のママチャリ、ハンドルを前に倒しての〝オニハン〟だ。後輪には、常に、ビニガサが、ぶっ刺さっている。「えっー!これで、表参道疾走してんの?」「そぅっす!」と、屈託の無い笑顔。私も休日を利用してジミーの働くイタリアンへ、店内は、常に満席。予約をしても、ずれ込む事もしばしば、ジミーは、既にイタリア語でスタッフとやり取りをしている。(頑張ってるなぁ〜、、)どうだろう、二、三年こんな関係が続いた‥‥。週に一度は、店に寄ってくれていたが、突然、来なくなった。どうしたんだろう?多少の職場の愚痴は、聞いていたが、心配になる。店にも行ってみるが、ジミーの姿はない。そんな事はよそに、満席の店内は、笑い声、食器の擦れる音、イタリア語が、飛び交っている‥‥。やはり、料理は、最高に美味いが、何かが足りない。レストランの帰り道、ジミーの携帯に電話をしてみた「おかけになった電話番号は、電波の届かないところに居られるか、電源が、‥‥‥‥。」あれから十年。。音沙汰なしだ‥‥。まぁ、バーってところは、そんなもんだ、、。寂しく思う事もあるが、行きたい時に呑みに行って、行かなくなるのも深い意味はない。ふら〜っとジミーが、寄ってくれるのを待つだけの話だ。先日も下北沢時代のお客様が二十年ぶりに御来店頂いた。いよいよ、ひと昔が、十年単位になってきた。さてさて、梅雨空の今夜もキャンドルに火を灯して、貴方様の御来店を待つばかり、、。心よりお待ち申し上げております。f:id:bardragonfruit2002:20180607014147j:image