ある夜の出来事 探偵はBARにいる

今晩は、店主の石原で御座います。役者の豊川さん(仮)が、某探偵事務所に所属していた頃のお話。依頼者から御指名を頂くと、全くの別人となり、地方都市に住むターゲットの景子さん(仮)に近づきます。最終目標は、豊川さんと景子さんが、ホテルに入る写真一枚、これが、約一年かけて任務は、遂行されます。いよいよ、最終局面に。当日、探偵事務所からカメラマンがホテル入口で待ち構えるなか、二人は、夜のホテルに現れます。「パシャ、パシャ」と写真を収めて、撮影成功のメールを豊川さんに送ります。もともと、別々の部屋で宿泊という約束でホテルに誘っているので、豊川さんの部屋で撮影成功メールを確認します。早速、身支度をして、景子さんの眠る部屋を横目にフロントへ、二部屋分の精算をしてチェックアウト。その日のうちに新幹線で東京に戻り、携帯電話の解約。翌日から景子さんは、豊川さんへの連絡が一切、取れなくなり、残ったのは、三枚の写真だけ‥。のちに、依頼者と景子さんは、離婚成立します。。へーーーーぇ。。と、私は、あんぐりと口が開いたまま。豊川さんも依頼とはいえ、未だに思い出し、胸が痛み、景子さんの住む地方都市には、一生、行けないそうです。なるほどね〜と、ウイスキーを一杯「ゴクリッ」豊川さんいわく、今回は、一年がかりでしたが、逆の「ハニートラップ」貴方好みの女優の卵が抜擢され、大抵のお・と・こ・は、早くて二週間、遅くても二ヶ月で、接近、完落ち、任務完了となるそうだ。。f:id:bardragonfruit2002:20180109004558j:image