ある夜の出来事 銀座久兵衛

今晩は、店主の石原で御座います。その夜、二十三時を超えた頃御常連の女性が御来店するなり「これ、お寿司なんだけど‥」と紙袋に入ったお土産を私に手渡します。「えっ!えっ?マジですか?!」「ち・が・う・の・彼氏にお土産なの!だから冷蔵庫に入れといて♡」何だよ〜お前〜紛らわしい事しやがって‥期待してしまったじゃねぇかぁ‥全く。「でもねぇ、お前ねぇ、お寿司固くなるから常温の方がいいよ」「えーーー彼氏が、あたってもややし♡」「はぁーーあ!おまえねーー!外の!俺の自転車のカゴに入れときなよ!」「え〜〜盗まれたりしないかなぁ♡」何だよーー全く。私の心は、穏やかでは、ご・ざ・い・ま・せ・ん・「じゃ、おまえねぇーカウンターの端っこで座って見張ってな!」と、彼女は、一杯呑みながら窓越しに寿司折を監視するという不思議な光景です。後に、彼氏が御来店、お会計のサイン。まぁーお茶でも入れて美味しく召し上がった事でしょう。さてさて、こんなに辛い日もありますが、こっそり頂いた事のあるお話を少し、言わずと知れた銀座久兵衛の寿司折。K様からお土産、前例に上げた様にお客様に変な期待を持たせない為にもサッサッーーーと本能的に隠してしまう私か居ます。野生動物が獲物を穴に隠す作業と似てるかもしれません。。そう、寿司折とは人間を変えてしまう魔物が存在するかもしれません。それでは、今夜も・ひ・と・つ・お手柔らかに、貴方様の御来店を、心よりお待ち申し上げております。f:id:bardragonfruit2002:20180206023055j:image